日々茶々

とにかくおいしいものが大好き!日々楽しんでいるお茶やおすすめレストラン・カフェの情報をお届け。

【ダマンフレール】グールースの感想

フランス高級紅茶専門店ダマンフレールブランドの地位を確立した商品ともいえる「グールース」。

本日はこちらの紅茶を紹介します。

 

アールグレイティーをフランス風にアレンジした商品。

とくにアールグレイティーが好きな方の感想を聞いてみたいです!

 

 

ダマンフレール「グールース」の基本情報

番号は1番です。

正式名称は”GOÛT RUSSE DOUCHKA”(グー・ルッス・ドゥシュカ)

日本語では省略して「グールース」と呼ばれています。 

 

イギリス発祥のアールグレイをフランス人好みにアレンジした商品です。 

f:id:hibichacha:20191215154947j:plain
 

茶葉はブラックティーにベルガモットオイルがメインにブレンドされており、

他にオレンジとレモンで香り付けされています。

 

茶葉は細かめです。

抽出前。

f:id:hibichacha:20191215152319j:plain

 

抽出後です。

f:id:hibichacha:20191215152056j:plain

 

注いでいる最中。

f:id:hibichacha:20191215152027j:plain
 

温度は90で、抽出時間は4分から5分です。

f:id:hibichacha:20191215152040j:plain
 

水色は濃いオレンジ色です。

f:id:hibichacha:20191215152102j:plain

 

二杯目です。

濃くなりましたが、二杯目もきれいな色が出ています。

f:id:hibichacha:20191215152033j:plain

f:id:hibichacha:20191215152012j:plain

 

二杯目はミルクティーでいただきました。

f:id:hibichacha:20191215152118j:plain

 

ダマンフレール「グールース」の感想

ずばり、香りがすばらしいです。

柑橘のさわやかな香りを存分に楽しむことができます。

どこかスモーキーな余韻…

少し酸味を感じ、後味はすっきり。

 

ミルクを入れると酸味が弱まり、まろやかな風味を楽しめます。

アイスティーにしてもおいしくいただけそうです。

 

ダマンフレール「グールース」の評価と注意点

ネット上の口コミを読んでいると「味が薄い」、「クセが強い」と両極端の意見が出ています。 

なぜだろうと筆者なりに考えてみたのですが、以下二つの要因があるのかもしれません。

 

<1>一般的なアールグレイと「フランス風」にアレンジされたアールグレイの味の差異

アールグレイだと思って飲んでみたら、それとは少し異なるので違和感を感じられたのかもしれません。

 

<2>抽出の温度が「90度」

紅茶について扱った書籍などでは、おいしく紅茶を入れるためのお湯の温度はたいてい95度から98度と表記されています。

しかしグールースの指定温度は90度と少し低めです。

他の紅茶と同じ感覚で入れてしまい、風味が強く出過ぎた、または飛んだという結果につながったのかもしれません。

 

確かな理由は分かりかねますが、抽出温度には注意してください。

 

おわりに 

フランスの老舗紅茶専門店の代表作「グールース」、皆さんの感想が気になるところです。

機会があればぜひ飲んでみてくださいね!

 

この他、おすすめ「アールグレイティー」はこちら。

 

 

ダマンフレールのフランスと日本の店舗についても記事を書いています。

気になる方はご覧になってください。

<ダマンフレール・フランス

www.hibichacha.com

 

<ダマンフレール・日本

www.hibichacha.com

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

よろしければ、応援クリックお願いします!

(下のバナーを押すと、ランキング画面に飛びます。)

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村